Bulk Email Verification API |  バッチ検証 | WhoisXML API

Email Verification Bulk API:アウトプットを瞬時に一括取得

当社のサーバーにファイルをアップロードいただければ、結果を取得できるリクエストIDチケットをすぐに発行いたします。

お申し込み

APIリクエストが100回まで無料。クレジットカードは不要です。

Email Verification Bulk API

Email Verification Bulk APIで検証できること:

  • シンタックスが正しいか

    シンタックスに従ってメール検証を行う高度なエンジンにより、IETF標準に照らしてリスト上の全てのメールアドレスをチェックします。

  • 無料メールサービスプロバイダーのアドレスか

    無料メールサービスプロバイダの発行するメールアドレスが、企業アカウントやビジネスに繋がる見込み客とリンクしている可能性は低いでしょう。

  • 使い捨てメールアドレスかどうか

    Mailinator、GuerrillaMailをはじめとする2,000以上のメールサービスプロバイダーが一時的なメールアドレスを提供しています。それらのメールアドレスは短期的な目的で作成されるもので、詐欺の可能性もあります。

  • 対応するメールサーバーがあるか

    ブランドのメールアドレスには通常、DNS MXレコードが適切に設定された有効なドメイン名が含まれています。

  • 対応するメールボックスがあるか

    メールボックスのないメールアドレスはメッセージを受けとれません。そのため、貴社のメールリストに価値をもたらさない、または不審なアドレスかもしれません。

  • キャッチオールアドレスかどうか

    キャッチオールメールアカウントは個人が積極的に利用するとは限らず、メールリストとしての価値が疑わしい場合があります。

Disposable Email Domains Data Feed

Disposable Email Domains Database

使い捨てメールドメインのデータベースをお好きなフォーマットでダウンロードいただけます。

データベースを注文
Email Verification Bulk API

APIリクエスト100回まで無料。クレジットカードは不要です。

お申し込み

Premium API Service

大規模APIデプロイメント向けの高速スロットリングが可能な専用ロードバランサーおよびプレミアムエンドポイントを備えた強化版もご用意しています。

詳細はこちら

Enterprise API Package

WhoisXML APIのAPIは、年額サブスクリプションでご提供しています。アクセス価格はクエリ数に基づいて毎月測定されますが、分単位の料金の上限が設定されています。そのため、お客様の事業計画やソリューション構築において見通しを立てやすくなります。

詳細はこちら