Disposable Email Domains | 偽ドメイン・捨てアドドメインリスト | WhoisXML API

Disposable Email Domains:使い捨てメールアドレス/偽メールアドレスを検出

最新データを駆使し、あるメールアドレスが使い捨て/偽メールサービスプロバイダーのものかどうかを調べます。

Disposable Email Domains Data Feed
3億100万以上のメールアドレスを検証
159,000以上の使い捨てメールドメイン
2,000以上の使い捨てメールプロバイダを監視
52,000以上のお客様にご満足いただいています

デモツールでメールアドレスが使い捨てかどうかをチェックできます

WhoisXML APIでは、高度な検出アルゴリズムを使用してほとんどの使い捨てメールアドレス(捨てアド)サービスプロバイダを監視しています。また、不審なドメイン名や不正使用された一時利用のメールドメインを網羅し、データベースに収録しています。当社のデモツールで、特定のメールアドレスが捨てアドかどうかをご確認いただけます:

使い捨てメールドメインのサンプルはこちら

当社のDisposable Email Domainsリストの特長

  • 高い網羅性

    当社は2,000を超える使い捨てメールサービスプロバイダーを監視しており、何万にのぼる一時利用メールドメイン、偽メールドメインをデータベースに収録しています。

  • 増え続けるデータ

    不正利用者は、捨てアドや偽のメールアドレスをコンスタントに登録しています。当社ではデータベースを毎日更新し、新たに登録された使い捨てメールドメインをタイムリーに追加しています。

実践的な活用法

商用プラットフォームの強化

  • 使い捨てメールアドレスのドメイン名は、フィッシングやBEC攻撃によく使われます。Disposable Email Domains Data Feedは、貴社のメールセキュリティプラットフォームに追加できる優れた脅威インテリジェンスです。
  • マーケティングインテリジェンスプラットフォームの開発者やプロダクトマネージャーは、当社の使い捨て/偽ドメイン名リストを活用してメールアドレスを検証することができます。
商用プラットフォームの強化
自社やクライアントのマーケティングROIを最大化

自社やクライアントのマーケティングROIを最大化

  • 企業のマーケティング部門やデジタルマーケティング会社が不正なサインアップや質の悪い見込み顧客をブロックするのに役立ちます。

偽ドメインや使い捨てドメインを使ったメールアドレスをリストから一掃

  • 当社のメール検証技術によって捨てアドを検出、禁止することで、ユーザーとの効果的なコミュニケーションを維持できます。
  • バウンス率を下げ、メールのレピュテーションを向上させることで、マーケティングの効果を上げるとともに、競合他社に差をつけましょう。
  • 貴社のアドレス帳に登録されている不審なメールアドレスを宛先から除外し、メールキャンペーンの経費を抑えることができます。
偽ドメインや使い捨てドメインを使ったメールアドレスをリストから一掃
ユーザー認証

ユーザーの検証

貴社サイトにおいて特定のコンテンツへのアクセスを許可する前にユーザー登録を促している場合、一部のユーザーがこのプロセスを回避するために使う捨てアドや偽のメールアドレスが貴社のリストに載ってしまう可能性があります。有効なメールアドレスのみを受け付けるようにしましょう。

無料プランの悪用リスクを軽減

貴社で無料プランを提供している場合、使い捨てのメールドメインを使ってそれを悪用しようとするユーザーがいるかもしれません。

解約率を低く抑える

捨てアドでサインアップした顧客は、通常のメールアドレスでサインアップした顧客よりも、SaaSの解約率を上げてしまう可能性がはるかに高くなります。

Disposable Email Domains | WhoisXML API

API統合も可能です

詳細はこちら

よくあるご質問

  • 使い捨てメールドメインとは何ですか?

    使い捨てメールドメインとは、使い捨てのメールアドレスに使われているルートドメイン名のことです。例えば、使い捨てメールアドレス「example@zevars[.]com」の使い捨てメールドメインは「zevars[.]com」です。

  • 使い捨てのメールアドレスを指す他の言葉はありますか?

    使い捨てメールアドレスは、「捨てアド」、「偽メールアドレス」、「一時利用のメールアドレス」、「バーナーメールアドレス」「単発メールアドレス」などとも呼ばれます。

  • 使い捨てメールドメインはどのような目的で使われますか?

    使い捨てメールアドレスは、プライバシーを保護したい人、公式メールボックスにスパムや迷惑メッセージを受領しないようにしたい人などによく使われています。

    また、フリーミアム悪用につながり得るサービスを繰り返し登録するために使われ、時にはスパムやフィッシングに利用される場合もあります。

  • 使い捨てメールドメインのリストは誰が使うのですか?

    使い捨てメールドメインのリストは、ユーザーに正式なメールアドレスでのみサインアップしてもらいたいSaaSビジネスオーナーやウェブサイト運用者にとって便利です。そうすることで、ユーザーのコンバージョンを高めることができます。

    サイバーセキュリティチームは、そのようなリストを使って潜在的な悪意のメールアドレスを選別してブロックすることができます。

    マーケティングの専門家が重要なマーケティング指標を改善するためにコンタクトリストをきれいにする場合にも有用です。

  • 使い捨てメールドメインのリストは、どのくらいの頻度で更新されますか?

    当社の使い捨てメールドメインのデータベースは毎日更新されています。2,000を超える捨てアドプロバイダーを監視しており、新たに検出した使い捨てメールドメインを定期的にデータベースに追加しています。

    データベースを毎日更新することで新しい使い捨てメールドメインを確実に監視できますので、被害が出る前に悪意のあるメールアドレスを発見できます。