結果を取得(処理済みメール) | ドキュメント | Email Verification Bulk API | WhoisXML API

結果を取得する(処理されたメール)

POST https://emailverification.whoisxmlapi.com/api/bevService/request/completed

CURLリクエストのサンプル

curl https://emailverification.whoisxmlapi.com/api/bevService/request/completed -X POST -H "Content-Type: application/json"  -d '{"apiKey": "YOUR_API_KEY", "id": 622, "format": "json"}'

POSTリクエストボディのサンプル

{
    "apiKey": "YOUR_API_KEY",
    "id": 596,
    "format": "csv"
}

入力パラメータ

apiKey

必須My productsページでAPI KEYを取得してください。

id

必須。整数。

リクエストのID。

format

任意。文字列。

応答形式の指定に使用されます。

使用可能な値:"xml"、"json"、"csv"。

初期値:"json"。

出力のサンプル

{
    "response": [
        {
            "emailAddress": "alex@alex.edu",
            "formatCheck": "true",
            "smtpCheck": "null",
            "dnsCheck": "false",
            "freeCheck": "false",
            "disposableCheck": "false",
            "catchAllCheck": "null",
            "result": "bad"
        },
        {
            "emailAddress": "bob@google.com",
            "formatCheck": "true",
            "smtpCheck": "true",
            "dnsCheck": "true",
            "freeCheck": "false",
            "disposableCheck": "false",
            "catchAllCheck": "true",
            "mxRecords": [
                "alt2.aspmx.l.google.com",
                "alt3.aspmx.l.google.com",
                "alt4.aspmx.l.google.com",
                "aspmx.l.google.com",
                "alt1.aspmx.l.google.com"
            ],
            "result": "unknown"
        },
        {
            "emailAddress": "mila@yahoo.com",
            "formatCheck": "true",
            "smtpCheck": "true",
            "dnsCheck": "true",
            "freeCheck": "true",
            "disposableCheck": "false",
            "catchAllCheck": "true",
            "mxRecords": [
                "mta6.am0.yahoodns.net",
                "mta5.am0.yahoodns.net",
                "mta7.am0.yahoodns.net"
            ],
            "result": "unknown"
        }
    ]
}

Code: 200 OK.
{
    "response": {
        "error": "Wrong request id"
    }
}

Code: 422 Unprocessable Entity.
response

応答オブジェクト。

元のリクエストにおける各メールアドレスの検証結果が含まれます(以下のドキュメントを参照)。

これらのリクエストに対する応答は、直接ディスクに保存できます。

エラーが発生した場合は、「error」フィールドにその説明が記載されます。複数のエラーが存在する場合は、その説明が「errors」に返されます。

result

結果フィールドには次のいずれかの値が含まれます:「ok」「unknown」「smtp-failed」「bad」「ok」は、そのメールアドレスがSMTPチェック、DNSチェックを通過したため使い捨てでないことを意味します。「bad」は、SMTPチェックを除くいくつかのチェックに失敗したことを意味します。「smtp-failed」は、メールアドレスが指定のSMTPサーバに存在しないか、一時的にメッセージを受信できなかったことを意味します。 「unknown」は、メールホスティングが「キャッチオール機能」をサポートしていることを意味します。

emailAddress
検証されるメールアドレス。
formatCheck
メールアドレスに構文エラーがあるかどうかを知らせます。単純なタイプミスや大きなエラーを検出するための基本的なチェックです。エラーがなければ、この値は「true」となります。それ以外の場合は「false」となります。APIサービスがこれらの検証を全て処理しています。
smtpCheck
SMTP接続とメール送信エミュレータを使用して、メールアドレスが存在し、メールを受信できるかどうかをチェックします。メールアドレスが存在し、SMTP経由でメールを受信できる場合、この値は「true」になります。対象のSMTPサーバーに存在しないか、一時的にメッセージを受信できなかった場合は 「false」になります。SMTPリクエストが完了しなかったり、対象のメールボックスプロバイダーでメールボックスの検証をサポートしていない場合、値はnullになります。
dnsCheck
メールアドレスのドメイン名(例:gmail.com)が有効なドメイン名であることを確認します。ドメイン名が有効な場合はこの値が 「true」に、それ以外の場合は「false」となります。無効または存在しないメールの場合は「null」になります。
freeCheck
メールアドレスがGmailのような無料メールプロバイダのものかどうかを確認します。無料でない場合、この値は 「false」に、それ以外の場合は「true」となります。無効または存在しないメールの場合は「null」になります。
disposableCheck
メールアドレスが使い捨てかどうか(Mailinatorのようなサービスで作成されたものかどうか)を知らせます。これは不正利用のチェックに役立ちます。メールアドレスが使い捨てでない場合は「false」 に、それ以外の場合は「true」となります。無効または存在しないメールの場合は「null」となります。
catchAllCheck
このメールサーバーがキャッチオールアドレスを持っているかどうかを示します。これは、特定のドメインの下で存在しないいくつものメールアドレスのメールを受領することができる特別なタイプのアドレスを指します。キャッチオールアドレスはビジネスでよく使われるもので、test@hi.com にメールを送り、存在しない test2@hi.com に別のメールを送ると、両方のメールが同じ受信トレイに入ります。 指定できる値は「true」または「false」です。無効または存在しないメールには「null」を指定できます。
mxRecords
メールサーバーのリスト。無効または存在しないメールの場合、リストがないことがあります。